QN9080 Fusion Signal Processor

QN9080
フュージョン・シグナル・プロセッサを試す

QN9080には、フュージョン・シグナル・プロセッサ(FSP)と言うコプロが集積されいて、特にセンサーのアルゴリズム処理に使用すると最適なコアになっているとの事です。 同時にCortex-M4Fが集積されているので、DS

もっと読む
CMSISで簡単、サイクル数を計測する方法

CMSISで簡単!
サイクル数を計測する方法。

ある処理に掛かるサイクル数や時間を計測したい時に便利な方法をご紹介します。 ARM社のCortex-Mコア向けアプリケーションソフトウェア規格であるCMSIS(Cortex Micro-controller Softwa

もっと読む
驚きの省電力QN9080

驚きの省電力!
NXPのBluetooth LEデバイスQN9080

Bluetoothは、1999年にver.1.0の規格が策定されてから19年目になります。そして、近年ではLE(Low Energy)がリリースされて10年目に入ります。 BluetoothクラシックやBluetooth

もっと読む
MCUXpressoでパワーデバッグ

超便利!MCUXpresso IDEでパワーデバック!簡単に消費電流が測定できる

前回からかなり時間が空いてしまいましたが、やっと時間が出来ましたので、新しい記事をアップします。今回は、MCUXpresso IDEの変わった機能、パワーデバッグをご紹介します。

もっと読む
バイナリ変換

オブジェクト変換技!
バイナリーイメージの組み込み方法

画像や音声データなどのオブジェクトを組み込んで、画像表示させたり、音声を再生したりさせたい!なんて時が、たまにあったりしますよね? でも、なかなかすんなり動作してくれなくて、いつもドはまりしていました。

もっと読む
NXPの音声認識技術

未来の人工知能!NXPの音声認識技術が活躍!

“Ok! Google! 音楽を再生して!”って日本の家庭でも聞こえてくる日は近いですね。Googleは2017年夏にも日本市場にグーグルホームを投入すると明らかにしました。 ボイスコマンドでスマ

もっと読む
printf_semihosting

LPCでPrintfデバッグとセミホスティング

今回は、何かとデバッグには重宝する手法としてprintfデバッグについて、Tipsや設定方法を紹介します。 printfデバッグは、その名の通りprintf()関数を使ったコードのデバッグとして使用され、変数が期待される

もっと読む
RAM function is easy

IAR EWARMなら関数のRAM実行が超簡単!
魔法の呪文1つだけ。

ソフトウェアを開発していて、処理が遅い、パフォーマンスが足りない!と思うことがよくあります。 その度に、更にパフォーマンスが高いマイコンを選定していては、システムの部材コストがあがり青天井状態になります。

もっと読む

MCUXpresso Config tool:
ピンツールとプロジェクトジェネレータの使い方

以前の記事ではNXPの新しい開発環境MCUXPRESSO IDEやSDKビルダー、クロックツールを紹介しましたが、今回はピンツールの使い方を見ていきたいと思います。

もっと読む

MCUXpresso Config tool
〜 Clocks Toolの使い方〜

NXPマイクロコントローラの開発環境が一新されました。NXPと旧フリースケールのマイコンであるLPCマイコンとKinetisマイコンの開発環境が漸く統合された形になりました。

もっと読む