初めてのLPCマイコン、Lチカプログラミング〜第2回プログラムの実行〜


子供でもできるプログラミングとして、「初めてのLPCマイコン、Lチカプログラミング」の第2回です。

今回は、プログラミング前にサンプルコードと言うお手本のプログラムがあるので、これを動かしてみたいと思います。その後、いよいよプログラミングをして行きます。

お手本のプログラムでも、LEDを光らせるプログラムを組んでいます。

実を言うと、このお手本のプログラミングを使えば、何もプログラミングしなくても、LEDを光らせることができるので、正しい手順でお手本のプログラムコードをボードに書き込めば、プログラミングなしで動かすことが出来ちゃいます。

次回は、LEDの光らせ方を色々変えてみて遊んで見ようと思います。

まずは、お手本のプログラムのインポートからやってきます。

サンプルコードのインポート

LPC802のSDKをMCUXpresso IDEにインストールしておくことが前提となるので、未だの方はこちらを参考にしてSDKのダウンロードとインストールをしてください。

参考:初めてのLPCマイコン、Lチカプログラミング〜第1回〜

ノート SDKとは、Software Development Kitの略で、LPC802を使ったソフトウェアをプログラムする上で必要なソフトウェアの部品が用意されていたり、開発する上で便利なコードがあらかじめ用意されています。

まずは、サンプルコード(お手本のプログラム)を取り入れます。サンプルコードとは、NXPが事前にプログラム例として用意したものです。

クイックスタートパネルと言うパネルが、MCUXpresso IDEの左下画面にあります。このパネルの”Import SDK example(s)”をクリックします。

クイックスタートパネルの場所
クイックスタートパネルの場所
SDKサンプルインポート
SDKサンプルインポート

どんどん行きます。

MCUXpresso IDEサンプルプロジェクトインポート
ボード選択画面

そうすると、インストールしているSDKに対応しているボードが現れます。今回は、LPCXpresso802を選択してNextをクリックします。

 

ボード確認画面
もう一度ボードの確認画面が開きます。再度ボードを選択して、NEXTをクリックします。
MCUXpresso IDE サンプルコード
サンプルプロジェクト(お手本のプログラム)の選択画面

お手本のプログラム集が開くので、今回は図のように”led_blinky”を選択して、Nextをクリックします。

途中でネットワークの受信許可が出ますが、許可をクリックしてください。必要な情報にアクセスする必要があるので、許可をクリックしておく必要があります。

無事、サンプルコードをインポートできると、上の図のようにプロジェクトパネルにled_blinkyが取り込まれます。

サンプルコードのビルド

メモ  通常、プログラムは、人間が理解できるような言葉でプログラムは組まれています。このプログラムをCPUが理解できるように変換してあげる必要があります。これを、コンパイルと言います。 コンパイルされたプログラムは、プログラムファイル一つずつあり、これらを組み合わせて一つのプログラムに組み上げることをビルドと言います。

これでやっと、CPUが理解、実行できるプログラムになります。

では、早速このled_blinkyをビルドして行きましょう。

ビルド
ビルド

ビルドは、簡単です。Quickstart Panel内にあるトンカチマークをクリックすると、コンパイルとビルドを自動的に行ってくれます。

正常にビルドが完了したことろ
正常にビルドが完了したことろ

プログラムを実機上で動作させてみる

このビルドされたプログラムを、いよいよ実機に書き込んで、実機上で動作させて行きます。

LPCXpresso802ボードに、USB-microのケーブルを挿して、USB-A側のコネクタをPC側のUSBに接続します。

次に、Quickstart Panel内にある紫色の虫マーク(debug)をクリックすると、プログラムコードの書き込みが始まり、デバッグが始まります。

ノート デバッグとは、プログラムコードの確認や瑕疵がないか確認をすることです。実機を動かしながら、一行づつプログラムした動作と実際の動作が合っているか確認することをステップ実行と言います
デバッグ開始
デバッグ開始
デバッグプローブの選択
デバッグプローブの選択

自動的に上記のような画面が出てきますが、気にせずOKを押して次に進みます。

プログラム書き込み成功
プログラムの書き込みが成功

これで、プログラムが正しくボードに書き込みが出来ました!

いよいよ、プログラムの実行!

今は、プログラムは止まっている状態なので、あとは、プログラムを実際に実行、走らせるだけです。

プログラムの実行
プログラムの実行

緑の再生ボタンをクリックして、実行です。

うまく、ボード上の緑のLEDが1秒おきに点滅すれば、プログラムが動作しています。

まとめ

LPCマイコン用SDKに付属のお手本となるプログラムが用意されています。やりたいことと同じLEDを点滅させるプログラムです。今回は、このお手本のプログラムを実機上で動かしてみました。

次回は、このプログラムをベースに、色々プログラムしてみて、遊んでみたいと思います。